翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『先のことなんて解らない』



「先のことなんて解らない」


握り締めてた手の力を抜いた

何を握り締めてたんだろう?

広げた掌に爪の痕が深く残る


「何を握り締めてたんだろう?」


目に見えない色んなこと

広げた瞬間空気に溶けた

今となっては思い出せない

そんなちっぽけな拘り


「先のことなんて解らない」


どんなに不安がっても

どんなに怖がっても

痛かろうが苦しかろうが

それとなく過ぎていくもの

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。