翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『イライラをぶつけた』



イライラをぶつけた

力一杯ぶつけた

八つ当たりだ


ぶつけて、ぶつけて

相手が傷付くまで

ぶつけ続けて泣いた

一番卑怯だ

最悪なヤツだ


なのに何で優しいの?

何で背中を向けないの?

いつも不器用なくせに優しい


イライラをぶつけた分

自分の心が痛くなる


結局は私自身が

ちっぽけなんだと思い知らされる

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。