翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『夜の先の明日』

眩しくて見上げた夜空

月が白く光ってた


俯いて歩いてたから

夜の闇に紛れそうだった


少し上を見ただけで

眩しい月灯りに照らされた


月を見上げていたら

この夜の先の明日も怖くなくなった



大丈夫



夜は終わりなんかじゃない

新しい明日へ繋がってるんだ



きっと僕は大丈夫

新しい明日は必ずやって来るから



新品の明日



僕はまた

ゆっくり一歩一歩


歩いていくよ・・・






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。