翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『こんな気持ちで毎日を過ごしてる気がする』



ひんやりする床を

素足で歩く


黒く光る古い床

離れた眩しい場所に向けて


何処かに穴があるかもしれない

そんな心細さを沈めて


一歩ずつ進む

あの光輝く場所まで

何があるんだろう?

暖かそうに輝く陽だまり


一歩一歩進んでるのに

なかなかたどり着けない


歯痒い想い静めて

そっと息を殺して進む


たどり着けない

爪先がいつまでもひんやりする


そんな気持ちで

毎日を過ごしてる気がした

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。