翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『嫌な夢で目を覚ます』



嫌な夢で目を覚ます

指の感触も首筋の鳥肌もそのまま

こちら側に付いてきた


夜の深い闇が重たくて

夢か現の区別さえもつかぬまま

冷えた空気に震えてる


真夜中の苦しい寝覚め

リアルな感触も甦る恐怖も

消すことが出来ぬまま目を閉じる


闇が終わり新しい光が届くまで

ひたすらに永く感じる時間

でも必ず来る


薄靄とともに鳥達が囀り

ゆっくりと藍が薄明かるい蒼へ

新しい朝は必ず訪れるから

必ず

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。