翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『一つ迷うと、深い森の闇の奥まで迷い込む』



目が眠たい

頭は超高速回転だ

一番タチが悪い

眠たいのに眠れない


一つのことを迷うと

深い森の闇の奥まで迷い込む

諦めが悪いから更に厄介だ

いつまでもグルグル迷い続ける


とことん迷い続けて

雲の隙間から光を見つけるように

ある時突然「こっちだ」となる


いつなのかは予測がつかない

それでも必ず光は見つかる

見つかることは解ってる


自分の中では最初から決まってる

上っ面で迷ったりしてるけど

最初から「これだな」て見つけてる


何処かでそれを知ってるくせに

とことん迷う厄介さを

楽しんでるのかもしれない

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。