翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『奇跡のような日常』



寝ようと思い

ベッドライトを消した


真っ暗な闇の中

目を閉じる


滝のような

土砂降りの音


水の深い深い奥底へ

沈んでいくみたい


深く深く碧の底へ

揺蕩いながら沈んでく


意識も深い深い眠りの底へ

ゆっくりと沈んでく


浮かび上がる所は

新しい朝


浮かび上がりたくない気持ちと

目覚めなきゃ始まらない気持ちと


交錯しながら

いつものように起き上がる


そんな当たり前な毎日は

きっと奇跡みたいに素晴らしい


失った時

人は思い知らされる


当たり前に過ごしてる時は

日常の中に溢れてるのに


あの時が恋しいと

心を絞りながら泣いたりする


奇跡のような日常を

大切にしたい


忘れそうになる度に

何度でも思い出していきたい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。