翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『四月馬鹿』への想いと桜


今日は4月1日「April Fool」


日本語で「四月馬鹿」

凄い言葉だ


「四月の馬鹿」と書いて

「エイプリルフール」


「嘘を付いても良い日」

やっぱり

改めて考えたら変な日だ


「幸せになる嘘」

「笑える嘘」

に限定されるらしい


そういう嘘でも嘘は嘘


「嘘をつくと閻魔大王様に

舌を抜かれるぞ!」


そう小さな頃から言われてきた私には

衝撃的な日だった


小さな頃から

こういう大人の矛盾に

反逆心を持っていた

かわいげない子供だった


今は大人になって

それなりに

「四月馬鹿」を楽しめてたりする


大人になっていくって

そんなもんかもしれない


ズルくなったとか

汚れたとかじゃなくて


適当にその時の風に

そよそよと揺れたりできる


「四月馬鹿」


それにしてもやっぱり

凄い名前の一日だ





今日は桜を愛でて来た。

風に吹かれて舞い散る花びら


私は桜が好きだ。

枝に咲いている桜は勿論だが


どちらかというと

潔く散った花達に目を奪われる。


桜を見に行っているのに

上よりも下ばかりに目がいく。


風に舞い、川面に揺れる花びらに

心奪われる。


「今年もありがとう」と

呟いたりする。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。