翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『意地悪と意地っ張り』

「好き」


横顔に呟いた



遠くを見てるその瞳

私はここだよ



意地悪と意地っ張り



繋いだ指に力を入れた

ほんの少しだけ



振り返る気配感じながら

目を合わせないよう前を見る



低く静かな笑い声

指を絡めてふざけてる



優しくそのまま抱き寄せられ

あなたの肩に顔を埋める



意地悪と意地っ張り



冷たい空気の中

壊れないよう抱き締め合う



優しくそっと




あなたの声が振動で伝わる

あなたの匂いに包まれて



あなたは

いつも私を溶かしてく




一緒に



一緒に




溶け合いたい・・・








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。