翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『自然と人との歴史』



嵐が通り過ぎた後

人間のちっぽけさを痛感する


そしてすぐ

人間の強さも思い知らされる


自然の偉大さを尊び

自然の怖さに挑む


太古から繰り返されてきた

歴史だ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。