翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『ああ、夢でよかった』


「ああ、夢でよかった」

目覚ましより少し早く目が覚めた


又ひとつ

不可能が増えるところだった


なんて嫌な夢なんだろう

今の現状からさほど遠くない

だからこそ苦しい気持ちになった


ワクワクして嬉しくて

手を伸ばしたら触れそうな距離で

儚く崩れ落ちて目が覚めた


夢じゃないのかもしれない

あやふやな気持ちが何よりも苦しくて


それこそが悪夢だと

新品の朝一番に

心がくしゃくしゃになった


「ああ、夢でよかった」


とりあえず気休めでも大きな声で

自分自身に言い聞かせるように繰り返す


「ああ、夢でよかった」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。