翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『一人の夜』



鉛筆を落とした

カラカラと渇いた音

爪先から少し離れた所で止まる

一人の夜って寂しいな

こんなに静かだったかな?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。