翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『絶対的安心なんて何処にもないよね』



生きてる限り

絶対的安心なんて何処にもない


前も後ろも右も左も

上も下も何もかも


絶対的安全な場所なんて

きっと存在しない


どんなに忍び足で

踏みかためながら歩いても


自然や動物や人や空

何がいつ

瞬間的に牙を剥くか解らない


心の片隅に

そんなことを書き留めて


口笛吹いて

鼻唄歌いながら


スキップして進むんだ


生きるって

こんなものかもしれないよ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。