翠月の零れる呟き

君の想い、僕の想い。それぞれの想い。

『土砂降りの雨音と輝く稲妻に誓いたい』



どれだけ繰り返しても成長しない

小さな不調を何回か乗り越え調子に乗る

それを繰り返したらダメなのに


大丈夫だって言い聞かせて

『頑張る』を繰り返す

「他の人達はもっと大丈夫なのに」て

『人は人』という大切なこと忘れ

「私だってもっとできるはず」とか

意味の解らない意地を張る


結局とことん体調崩して安静へ

この繰り返しで何も学べてない

反省して心に誓うのにすぐ忘れる

入院しても、手術をしても

成長できないなんてどうしたもんだか


昔「反省は猿でもできる」と聞いた

まだまだ猿だ猿以下だ

歳ばかり重ねるのではなく

少しは学んで成長したいものだ


もっと元気になりたい

もっと強くなりたい

もっと、もっと

欲張るな


今こうして生きていることに

心から感謝したあの日を思い出せ

そして目の前の小さな一つ一つを

大切に味わいながら生きること


土砂降りの雨音と輝く稲妻に

今一度誓いたい


そんな梅雨の夜です

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。